今日は雨

画像先日岡山へ山下清展(山陽新聞社主催)「裸の大将」でお馴染みの山下清画家(1922~71年)の画業と人生を顧みる展を見に行ってきた。
映画などで紹介された清は、放浪中に制作していたように描かれているが実際には放浪中にデッサンして帰ってきてから作品に仕上げたものが多かったそうです。
会場の一角には、放浪中に母親にあてた手紙や日記も展示してあり、清のひょうひょうとした素朴な人柄を感じさせられるものでした。
やきものに絵を描いたもの、フエルトペン画、油彩、水彩の作品も貼り絵と共に沢山展示してあり見応えのあるものでした。

その時買ってきた絵葉書
画像
画像

岡山駅前の噴水画像
画像


昨日から雨が断続的に降り続いている。
きょうは、鉢花の整理をする予定だったが無理でした。
そこでタペストリー(熨斗)のキルティングを!フープを使ってキルティングに挑戦
画像
>


画像キルティングを始めると度々糸を通さなくてはならない。
そこで登場するのがこの糸通し、ワンタッチで糸が通りとても便利で目が弱くなった私の必需品です。
フープを使って左右の指にシンプルをはめてクシクシ・・・
目が揃わない・・・どうすれば上手く刺す事が出来るのだろうか?


雨に濡れてヒメツルソバがいきいきとして咲いている
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • うふふ

    こんばんは!
    昔の昔、そのまた昔(笑)、山下清画伯の展覧会に行ったことがありました。
    ご本人が会場に来ていらっしゃいましたよ。
    その時も花火の貼り絵が多かったような気がします。
    黒い台紙に細くまいた色紙を丹念に貼った大きな花火の絵を見て、驚いたことを思い出しています。
    あの時、画伯はおいくつぐらいだったのかなぁ。
    亡くなったというニュースを聞いた時はなんとも言えない気持ちになりました。
    熨斗のキルト、素敵ですね。
    布地は絹ですね。
    針の通りは良いのですか?
    出来上がるのを楽しみにしています~☆
    2010年10月09日 21:47
  • もこ婆

    うふふさん 今晩は
    何時もコメント有難う御座います。
    とても小さな紙(3ミリくらい)を丹念に貼り合わせた絵の細かさには驚きました。何処にこれだけのエネルギーが・・・と、驚きと感嘆の連続でした。
    熨斗は絹です。手持ちの着物地のハギレでの作品なので思う様には出来ないのですが・・・。
    針の通りは良いのですが、布が柔らかいので、すっきり仕上がりません。ビリビリした作品になっています。お見せできるような作品になるかどうか?余り期待しないで下さい。
    2010年10月09日 23:09
  • S子

    山下清、天才画家って言われていますが、記憶力も凄かったようですね。
    見てきた事を、脳の何処にインプットしてくるのでしょうか?私など(比べるべくもないのですが・・)デジカメで写した花、何処で写したのかしら?などといつも言って居ます。
    昔、甲府へ来たこともあるのです。夫が観に行きまして、一枚デッサンのコピーを求めてきました。サインが有るのですがそれも、販売用のコピーだったのかしら?
    素敵なタペべストリー、期待して居ます。
    て度栗の持っていいですね。家の中が暖かくなりますね。
    2010年10月10日 11:58
  • S子

    変な字が入っちゃいましたね。
    て度栗の持…「手作りのもの」と入れたかったのです。
    失礼いたしました。
    2010年10月10日 12:02
  • もこ婆

    S子さん 今日は!
    昨日の雨は何処へやら、きょうは少し雲も有りますが爽やかな良いお天気になりました。
    山下画伯は素晴らしい記憶の持ち主だったようですね。彼方此方放浪していて岡山県にも来られたらしいです。

    タペストリーは余り期待しないで下さい。UPするのが恥ずかしくなります。
    後からチェックを入れなければ思いもかけない文字が・・・と、言う事は、私も多々あります。
    2010年10月10日 14:48
  • 信徳

    山下清の作品は随分前に見た記憶がありますが花火の作品で綺麗に張っていたのを覚えています。やはりデッサンしておいて後から張って行ったのでしょうね。タベストリーに期待しています。
    2010年10月10日 18:31
  • もこ婆

    信徳さん 今晩は!
    何時もコメント有難うございます。
    こんな小さな紙をしかも沢山、よくも貼り付けたものと感心させられました。
    なんだか段々タペストリーが重くなってきました。
    どうしましょう!
    2010年10月10日 19:44
  • くれよん

    こんにちは~
    ずいぶん前ですが、
    山下清の 貼り絵はのりの質が悪いので
    そう持たないかもしれない・・と聞いて
    見に行きました。
    花火に 感動しました。
    2010年10月11日 17:08
  • はりねずみ

    もこさんこんにちは

    キルティング始まったんですね?
    キルトフープにかけたき中央をこぶしでぐっと押さえて、たるみを持たしてしてみてくださいね。
    ・・・でも、ちょっと針が長いみたいな気がする。
    もうちょっと、短めの針でしたら、きっとうまくいくと思いますよ。
    フープは慣れです。
    肩の力を抜いてしてみてくださいね。
    フープなしの作品よりきっときれいにできると思うよ。
    根気よ根気。山下清のように・・・・(笑)
    ふぁいと~。
    2010年10月11日 18:42
  • もこ婆

    くれよんさん 今晩は!
    紙の色があせたり、剥れそうになったものを綺麗に修復してあり今は丁寧に保存してあるようです。
    一枚一枚ゆっくり観賞したかったのですが、帰る時間も気になりあっという間に二時間経っていました。
    それでも、今度何時会えるか分からないので、人が多くて見えにくかった作品の前にもう一度行きじっくり見て帰って来ました。
    2010年10月11日 19:19
  • もこ婆

    はりねずみさん 今晩は!
    ご指導有難う御座います。フープだけでスタンドがないので机とアイロン台の間にかけて四苦八苦していますが中々上手くいきません。
    頑張って、肩の力を抜いて、根気良くやってみます。
    2010年10月11日 19:24
  • しもじいさん

    素晴らしい作品御覧になれてよかったですね、山下画伯の作品は2作くらいしか原画では見たことがありませんよかったですね。
    糸通し、うちでも二人とも使ってます便利ですね。キルテイング頑張ってください。
    2010年10月11日 22:36
  • もこ婆

    しもじいさん  今日は!
    岡山まで汽車(電車では有りません)で一時間半かかるので、中々出かけようと思わないのですが、倉敷へ行く娘に便乗して行って来ました。画伯の素朴な人柄が良く現れていて良かったですよ。
    キルティング中々捗りません。
    2010年10月12日 11:02
  • もうヘトヘト

    岡山駅前の噴水!
    面白いわね~♪
    私も、目が悪いし不器用で糸を通すの大変。。。
    糸通しのお世話になろうかな。。。
    2010年10月12日 16:53
  • 羅輝


    障害があっても1つ事で秀でて立派に活躍される姿は素晴らしいですよね。

    いい趣味をお持ちですね。
    2010年10月12日 18:21
  • もきお婆

    もうヘトヘト さん 今晩は!
    駅前には犬、猿、雉をお供にした桃太郎の像もあるのですがゆっくり写真を撮る暇がなくて・・・
    糸通しのは ワンタッチでとても便利ですよ。これはお勧めです。
    2010年10月12日 20:11
  • もこ婆

    もうヘトヘト さん ↑ニックネームが・・・
    2010年10月12日 20:16
  • もこ婆

    羅輝さん 今晩は!
    秀でた才能を開花させることが出来た画伯は、幸運だったと思います。
    沢山の方達がその才能を開花させるチャンスもなく 埋もれている人が大勢居るのではないでしょうか?
    2010年10月12日 20:22
  • T&M

    中学生の時だったか、小林桂樹主演の映画「裸の大将」を見た記憶が。
    絵の才能と同時に、常識にとらわれない生き方は、心に残っています。
    “兵隊の位で言えば・・・”は、当時流行語になりました。
    天真爛漫なはり絵は、今でも人の心を惹きつけるものを持っているんですね。
    2010年10月13日 12:10
  • もこ

    T&Mさん 今日は!
    天真爛漫に生きた画伯の生涯をゆっくり辿ってきました。素晴らしかったですよ。
    こちら秋晴れの気持ちよい日です。気温26℃。
    そちらも雨季が終わり晴天になりましたか。
    2010年10月13日 13:44
  • ののはな

    タペストリーのキルティングに挑戦ですか。針道具見ただけで、わたしは肩が痛くなりそう。大丈夫ですか。無理なさらずゆっくりね。一面にヒメツルソバですか。すてき!ピンクがかわいいですね。
    2010年10月14日 23:57
  • もこ婆

    ののはなさん おはよう御座います。
    涼しくなってきたのでボツボツ挑戦しています。
    一日数十分 夜は眼が見えにくいから駄目と中々捗りません。それでも少しづつでも刺していれば何時かは完成すると続けています。
    ヒメツルソバは コンクリートの割れ目から生えて来て道路の半分くらいをピンクで覆っています。余り人の通らない所だし、優しい人達だから踏まれずにどんどん広がっています。
    2010年10月15日 09:20
  • トトパパ

    こんにちは。

    大阪の日中はまだまだ夏っぽいです。
    そちらは秋が深まってきたのでしょうね。

    山下清展、同じ企画ではないとおもいますが、2年ほど前に
    阿倍野の近鉄百貨店に見に行きました。
    非常に感動しました。

    ドラマのように実際行った場所で絵を描いてられたわけでなく、帰ってから描かれていたようですね。
    もの凄い記憶力で。。。

    また行ける距離で開催されたら、行きたいなぁ。。。
    2010年10月15日 11:15
  • もこ婆

    タタパパさん 今晩は!
    コメント有難う御座います。本当に凄い記憶力の持ち主だったようですね。
    岡山まで出ると色々な企画典があるのですが、中々チャンスがなくて、もう少し便利が良いといいのにと、思っています。
    2010年10月15日 20:06
  • いつもばらいろ

    もこさん、こんばんは。
    遅ればせのコメントでごめんなさい。

    山下画伯は素朴で飾りが無く愛すべき
    人柄だったのですね。
    なまの作品は見たことが無いのですよ。
    人並みはずれた才能を生かすことが出
    来て幸せでしたね。
    タペストリーに挑戦なさっているの
    ですか。凄いなあ~。私は根気のいる
    ことは苦手なんですよ。糸通し便利そ
    うですね。こういう小道具も必要にな
    りましたね。私も欲しいです。
    2010年10月16日 21:22
  • もこ婆

    いつもばらいろさん おはよう御座います。
    お返事遅くなりました。昨日一昨日は当地のお祭でした。山車(こちらではだんじり)や、神輿をカメラ片手に追っかけていました。
    山下画伯の作品は緻密で素朴で暖か味のある作品でした。チャンスがあれば是非お勧めです。
    タペストリーは着物の端切れを利用して作っていますが中々捗りません。ばらいろさんの挑戦なさっているお花の絵(名前忘れちゃった)も細かい作業が続くのではないですか?
    糸通し便利ですよ。是非使うと良いですよ。
    2010年10月18日 09:40
  • おいちゃん

    私もまだ目がちゃんと見える時に、山下清展を見に行きました。移動展ですけどね。そのとき、花火の作品を見たのを記憶しています。細かなところまで…すばらしい貼り絵でした。
    彼は、記憶力がずば抜けていたようですね。ある意味、天才でしょう。もう一度みたいです。
    2010年10月20日 21:25
  • もこ婆

    おいちゃんさん 今日は!
    コメント有難う御座います。清の人柄が良く分かる展覧会でした。本当にチャンスがあれば幾度でも見たい作品でした。

    2010年10月21日 17:04
  • こんばんは。
    山下清展、素晴らしかったでしょうね。
    以前に『長岡の花火』の版画を見たことがあります。
    細かな作品に驚きました。
    熨斗のキルティングのタペストリー、素敵です。
    絹の生地の綺麗な色で作られていますね。
    作品が、少しずつ仕上がっていくのも楽しみです♪
    淡い色のヒメツルソバが可愛い花を咲かせていますね。
    2010年10月22日 01:08
  • もこ婆

    杏さん 今日は!
    コメント&気持ち玉有難う御座います。ホントキルトに負けない細かな作品でした。
    熨斗は、着物生地を生かして何か作りたくて・・・諦めずに挑戦しています。
    ヒメツルソバはこぼれ種が彼方此方散らばって用水路の管理道を占領しています。
    2010年10月23日 13:07