衆楽園

昨夜から雨になりました。

先日「衆楽園」で睡蓮が咲いていると言うお友達の言葉に

早速 プールからの帰り道 ちょっと寄り道

衆楽園(しゅうらくえん)は岡山県津山市山北にある日本庭園です。

「正式名は旧津山藩別邸庭園」 国の名勝に指定されています。

津山藩二代目藩主、森長継が小堀遠州流の造園師を招いて

築庭させた池泉回遊式の大名庭園で、

京都の仙洞御所を模したものである。

森家は途中で絶え、改易によって松平氏(越前松平家)が支配するようになり、

同庭園は津山藩のご対面所などとして用いられた。

その当時の敷地面積は約74,700平方メートル

(東西約256m、南北292m)で、現在の3倍近くあった。

なお、衆楽園の命名は明治3年で、それまでは特に名前は決まっていなかった。

庭園の大半を南北に長い池が占め、四つの島が施されている。

北の中国山地を借景とし、北の池は東と北の築山に迫られるように置かれ、

東側には全長210メートルの曲水が設けられている。

その中には老松が茂り森閑たる様相を見せる。

対して南側は、海に見立てられた池が雄大な景観を醸し出している。

その周りに余芳閣、迎賓館、風月軒、清涼軒といった建築が復元されているが、

庭石や灯籠といった人工物は少なく、あくまで自然と一体化させているのが同庭園の特色である
。(楽園 - Wikipediaより)
画像


我が家のミニバラ