瀬戸大橋スカイツアーNO2

204.JPG
うどん県に来たのだからと有名店に行くと凄い行列
待っていたらツアーに間に合わない
仕方なく予島まで帰りそこでランチ(うどん)を頂きました






024.JPG
右のガイドさんの手の方向
そう ワイヤーを支えている鉄塔
赤い矢印の所まで登ります
細いワイヤーを束ねてそれをさらに束ねて
この太さで橋を吊っているそうです
一番上まで上ります 
83歳の挑戦です 
大丈夫かな?

まずは管理室に入ってツアーの説明(注意事項)
カメラは首からさげて 
メガネも紐で首にかける
スマホも落ちないように首に
次にポケットが沢山付いたベストを着用
耳には説明がちゃんと聞こえるように
耳にかけられる小さなイヤホーンを着用
ヘルメットを被り 手袋を着用
20人が4班に別れてそれぞれの班に
一人ずつサポーターが付きます





025.JPG
まずはこの建物の中普通の橋ですと
コンクリートの橋脚部分です
コンクリートの塊ではなく中は空洞でした
この中に作業用のエレベーターがあり
12人ずつ乗って
鉄道線路と同じ高さまで上ります








026.JPG
エレベーターを降りて外に出て階段を上がると
轟音と共に電車が来ました
私達は右の鉄柱の外側にある通路を進みます
鉄道の右にあるスペースは将来新幹線を通す所
左側にも同じようにスペースを設けてあるそうです
通路は網目状の鉄製(スチール)の板で下が見えます
最初は恐々次第になれて下を見る余裕も
高所恐怖症の人にはチョット無理ですね
通路を鉄柱の所まで歩く間 時々電車が通ります






044.JPG







下を見ると予島SAに駐車している車が

小さく見えます027.JPG
いよいよ鉄柱の中に入ります 
少し階段を上がると
6人乗りのエレベーター 
ロープで釣り上げるのではなく
ギアーで上るそうです
(途中で止まって作業しやすいように)
エレベーターを降りると階段(垂直6段程)
その上に潜水艦のハッチの様な蓋を開けて
いよいよ頂上へ




038.JPG
頂上部はこんな状態です(思っていたより広い)
橋の構造や管理のしかた等々
説明を聞きながら 
周りを眺め瀬戸内の多島美を満喫し







032.JPG
こちらは岡山県側ずーっと向うに
鷲羽山ハイランドの観覧車が見えます







034.JPG
四国方面を見ると坂出まで
島をぬいながら橋がつながっています







035.JPG
きょう誘って呉れた娘夫婦に感謝!
私はもう二度と来られないでしょうから






046.JPG
サンフラワー号が西へ向って
進んでいるのが小さく見えました




041.JPG
上がる時は一生懸命で気が付かなかったけれど
自動車道の横も少し歩いていました








048.JPG
緑の中にオレンジと赤が際立って
とても綺麗に紅葉したいるのも
降りる途中で気が付きました
自分では気が付いていないけれど
上るときには一生懸命だったのでしょうね




052.JPG
帰りの車の中から見た
夕焼け空綺麗でした
明日(10月21日)から3泊4日の
北海道旅行です
きょうの疲れが残らないように
早目の就寝を心がけます
最後まで有難うございました

次は北海道の報告です